>  > ちょっぴり男の悲哀を感じました

ちょっぴり男の悲哀を感じました

攻めるたびにデリヘル嬢から声とリアクションで反応が返ってくるので、攻めるのがすごく楽しいです。調子に乗って攻めまくって、クリトリスを舐めているときに絶頂に達したようです。それでまったりとしていると、今度は中もして・・なんて言われてのでおまんこの中に指入れでGスポットを探し当ててコリコリしてみるとこれがはまったのかのけ反りながら逝ってしまいました。まだまだコリコリしていると際限なく逝くので何度もコリコリしてしまいます。何度も逝く女の子ですがさすがに心配になってきたので、ここで一旦クールダウンです。これだけ逝くのは初めてということで女の子も性感帯がわかって収穫があったようで良かったです。潮吹きもできるとのことですけどそれはまた次の機会にするということで、今度は私が受けます。小休止をはさんで、フェラチオですが、吸引力と舐めがどうも弱くて射精感が来ないので手コキを咥えてもらって気持ち良く発射しました。何度も逝ける女の子よりも一発で仕留められる男の悲哀を痛感したプレイとなりました。

一汗かいてからのシャワーです

好みのデリヘル嬢はタッチの差で取られてしまいました。この時間しかないので今日はやめようと思いましたが、他に以前から気になっていた女の子が直ぐに行けるとの情報がスタッフから入ったので、お願いしてしまいました。駅近くで待っていると、遠くからでもそれとわかる女の子がこちらに歩いてきます。無事合流すると仲良く近くのホテルまで歩きました。腕を自然な感じで組んでくれるのがいいですね。腕を組まれたくない客もいると思うので、そういったところも雰囲気で察知するのだろうと思います。そんな暗黙の気配りができる女の子だとういのもすぐにわかりました。ホテルに着くとプレイ代金を支払いお店にインコールです。TELが終わると女の子からいきなりのキッスから脱がしてもらいます。お互い脱ぎながらキッスを続けてエキサイトした私はベッドになだれ込みました。シャワーが先かな?とも思ったのですが、女の子も特に何も言わないので、そのままプレイを続行して一汗かいてからのシャワーとなりました。

[ 2015-06-05 ]

カテゴリ: 風俗体験談